続・マケドニアで、国会議長にアルバニア人が選出されたことを受けて抗議デモ(2017年5月)

 先週の映像と同じだったりするのかもしれませんが、マケドニア共和国(マケドニア旧ユーゴスラビア共和国)で、アルバニア人のタラート・ジャフェリ氏(Talat Xhaferi)が国会議長に就任したことを受けての抗議デモ。
 タイトルが今回は欧州連合(EU)による介入に抗議となっていて、詳細はよく知りませんが、またぞろ西ヨーロッパの政治家ども「おまえらは差別者だ」とか罵声を浴びせてこのデモを誘発し、バルカン半島を不安定化させているのでしょう。

 

Ruptly TV:
Macedonia: Thousands march to protest EU interference in Skopje – YouTube

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:タラート・ジャフェリ)Talat Xhaferi – Wikipedia
 民主統合連合 – Wikipedia
 (英語)Democratic Union for Integration – Wikipedia
 マケドニア議会 – Wikipedia
 マケドニア共和国 – Wikipedia

ベルリンの裁判(2017年5月)

Ruptly TV:
Germany: Berlin asylum seekers on trial for fire attack against homeless man – YouTube

 

 ドイツ連邦共和国ベルリンでの、シリアとリビアからの難民の若者7人が、寝ているホームレスを焼き殺そうとした事件の裁判みたいですね。

 単なる八つ当たりなのか、ホームレスを殺せばその分の援助が自分たちに来るということなのかわかりませんが。

ドイツのための選択肢(AfD)メンバー「フランス大統領選挙の結果は、ロスチャイルド家の影響力によるもの」(2017年5月)

Ruptly TV:
Germany: Macron victory shows 'long arm of Rothschilds' – AfD's Taufkirch – YouTube

 

 昨日(2017年5月8日)、ドイツ連邦共和国ドレスデンで、ドイツのための選択肢(AfD)PEGIDAが行進と集会をおこなったようです。両者の合同でのこの手の行動は初めてとか。

 そして、AfDメンバーは、フランス大統領選挙の結果は、ロスチャイルド家の影響力によるものと言っているようです(エマニュエル・マクロン閣下はロスチャイルド系銀行の元幹部)。あと、ジョージ・ソロス批判をしているような気もしますが、ドイツ語の聞き取りはさっぱりなのでよくわかりません。

※ちなみに、ロスチャイルド家は通常ドイツ語では「ロートシルト家」とされますが、動画での声を聞いた限りではまったくもってそんな発音はしていないです。

 PEGIDAメンバーのほうは、マリーヌ・ル・ペン氏への変わらぬ支持を表明したようです。

 

参考(ウィキペディア):
 ドイツのための選択肢 – Wikipedia
 (英語)Alternative for Germany – Wikipedia

 西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者 – Wikipedia
 (英語)Pegida – Wikipedia

 ロスチャイルド家 – Wikipedia
 (英語)Rothschild family – Wikipedia

 ジョージ・ソロス – Wikipedia
 (英語)George Soros – Wikipedia

 エマニュエル・マクロン – Wikipedia
 (英語)Emmanuel Macron – Wikipedia
 マリーヌ・ル・ペン – Wikipedia
 (英語)Marine Le Pen – Wikipedia
 2017年フランス大統領選挙 – Wikipedia
 (英語)French presidential election, 2017 – Wikipedia

2017/05/08 白い

 ドローンによって撮影された、シリア軍による、ダマスカス近郊の反体制派拠点への空爆(5月7日)の映像のようです。
 辺り一帯の建物が白くなっているのは、すでにボロボロだってことなんでしょうか。

 

Ruptly TV:
Syria: Drone footage captures strikes on militant positions in Damascus – YouTube

 

参考(ウィキペディア):
 シリア騒乱 – Wikipedia
 シリア – Wikipedia

2017/05/06 たぶんいいんでしょう

 昨日(2017年5月5日)、インドネシア共和国スマトラ島の刑務所で、イスラム教の金曜礼拝(金曜日の合同礼拝)のために移動していた囚人200人以上が脱獄したそうです。

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
囚人200人超“一斉に脱走” 刑務所の待遇に不満?(17/05/06) – YouTube

 

 犯罪を犯して刑務所に入った上に金曜礼拝をサボるとは……とか説教をしているイスラム教法学者はいないかと検索してみましたが、とりあえず見つかりませんでした。

 

参考(ウィキペディア):
 スマトラ島 – Wikipedia
 インドネシア – Wikipedia

 合同礼拝 (クルアーン) – Wikipedia